サーモンオイル・プラス

脳と身体の明日のために「オメガ3脂肪酸」

最近、各メディアでよく取り上げられる「オメガ3脂肪酸」
「オメガ3脂肪酸」はすべての細胞臓器身体組織に存在する脂質の一つで、常温でも固まりにくいサラサラのアブラです。
このオメガ3脂肪酸は、体内では合成されにくいので必須脂肪酸と呼ばれ、健康な毎日を送るためには食事などで摂取することが不可欠です。

「オメガ3脂肪酸」は8種類

8種類のオメガ3脂肪酸

「オメガ3脂肪酸」8種類に分類され、青魚に多く含まれることが分かっています。

オメガ3脂肪酸の中でもDHAEPADPAなどは特に有名です。体内でもα-リノレン酸を出発原料として他の7種のオメガ3脂肪酸を合成することが出来ますが、必要量の合成には非常に時間がかかることと、受験生やスポーツをされる方、妊娠中の方は特に不足しがちです。近年、海洋汚染による魚への悪影響も心配され、また日本人の食生活が欧米化したことによる魚離れもあり、日本人のオメガ3脂肪酸摂取量は決して多くはありません。

8種のオメガ3脂肪酸を十分に得るには高品質な栄養補助食品をお勧めします。

サーモンオイル・プラスの特長

汚染のない北大西洋で捕獲したサケのみを厳選して使用。

カプセル1粒にサケの切り身一切れ分のEPA、DHA、DPAをはじめ、8種すべてのオメガ3脂肪酸を含み、人体への吸収がより自然になるバランスとなっています。

オメガ3脂肪酸8種配合

サーモンオイル・プラス一粒のオメガ3脂肪酸量

オメガ3脂肪酸のはなし

Ideas
Strategy
Strategy

 

contact tellcontact mail